欠陥住宅の問題は、簡単には解決できないものが多い


家の間違った施工は、住んでみて初めて露呈することが多い。

ところがその晩、工事担当者の上司からKさんに電話が入り、構造上はまったく問題ないので現在のまま施工を進めさせてくれないかと言うのでした。ただし価格は減額になるので、その分最終支払い時に減額させてもらうことでお願いしたいとのことでした。Kさんは納得できず、とにかく私と一緒に会社に出向き、納得できる説明を受けたいと言うので私は会社にKさんの意向を伝えました。会社に出向くと、そこには工事部長・設計部長・担当営業マンがそろっており、まず工事部長から改めて「現在のまま施工を進めたい」との話が切り出されました。

そこで、私のほうから「その前に御社からKさんに謝罪をし、なぜこのようになったかの説明をするのが先ではないですか」と切り返すと、慇懃無礼に謝罪をしましたが、「構造上は問題ないので」と繰り返して言うだけでした。あきらかにその場に同席している社員だけで問題を解決してしまいたいとの意向を感じたので、支店長に参加してもらうことにしました。案の定、支店長には報告されておらず、Kさんも「信頼関係が損なわれてしまったので、すべてやり替えてほしい」と申し入れをしました。

支店長もさすがに隠ぺいしていたことを詫びて、基礎完了の段階からやり替えるとの確約を取り付けることになりました。組織で働く人は、自分の社内での立場を優先しがちですが、まず第一には施主のことを考えるべきではないかと思います。この件はまさしく組織内の隠ぺい体質が露見した事例です。排水管が土台を切断、土台のアンカーボルトが役に立っていない建売。Uさんは、東京の城南地区ではデザイナーズハウスブランドとして年間かなりの建売住宅を分譲している会社の建築条件付き売り地を購入しました。
私は寒川登代志氏と十年来の友人です。彼は様々な事業を展開していますが、特に不動産事業に対して力を注いでいて、かなり勉強をしているようなので非常に詳しいですね。


高さについては、親世帯の2階床までの高さの計測が間違っていたことが判明しました。なんともいい加減な、あきれるほど杜撰な工事です。これは明らかにハウスメーカー側の施工ミスが原因ですので、こちらからは新たに工事をやり替えるよう要求したのは当然です。はじめは場当たり的な改修方法を主張していたハウスメーカーの工事担当者でしたが、こちらから社長に直接公開質問状を発送したところ、ただちに非を認め、やり替えることになったのは言うまでもありません。

築23年の中古住宅をリフォームしたいけど……。30代の若いご夫婦から中古住宅を購入し、リフォームをしたいので現地を見て問題がないか調査をしてほしいとの依頼がありました。仲介業者の営業マンは、「しっかりした家でリフォームすればまだ20年は問題なく住めます」と言っているそうです。

最新情報
2013/10/15 Recommendを更新しました。
2013/10/11 新着記事を更新しました。
2013/10/10 ハウスメーカーを更新しました。
2013/10/07 クレームを申し入れを更新しました。
2013/10/05 匂いがリビングにを更新しました。
2013/10/03 構造上の安全性を更新しました。
2013/10/02 家の間違った施工は、住んでみて初めて露呈することが多い。を更新しました。
2013/09/29 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
BIGLOBE不動産ナイス住まいの情報館さとハウス
賃貸情報や購入・売却の情報を検索できる。賃貸は、ブランド・エリア・路線等から検索することができる。住まいと地域のコンセルジュをモットーに神奈川県を中心に賃貸住宅情報を掲載するサイト。荻窪を中心に女性スタッフが運営する開業10年の不動産会社。オープンカフェのような店構えが特徴。